食品安全検定テキストの訂正情報を更新しました

食品安全検定テキストに記述の誤りがありましたのでお知らせいたします。購入者の皆様にご迷惑をかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

初級テキスト

初級テキストは、2015年5月発行テキストの訂正情報と2017年8月発行テキスト(第2刷)の訂正情報を分けて掲載しました。追加となった訂正情報は次のとおりです。

◇22ページ、上から11行目:「ADIの80%を超えないように」⇒「ADIを超えないように」

食品添加物は、ADIを超えないように使用基準を定めます。これに対して農薬は、各農薬の⻑期的な平均摂取量を推定し、ADIの80%を超えないことを確認した上で、基準値を設定します。

中級テキスト

中級テキスト(第2版)の訂正箇所は次のとおりです。

◇17ページ、上から11行目(表中4行目):感染型の食中毒菌の代表例から「病原大腸菌、ウェルシュ菌」を削除

一般的に病原大腸菌、ウェルシュ菌は、感染型、毒素型に明確に分類できないとされているため、感染型の食中毒菌の代表例から「病原大腸菌、ウェルシュ菌」を削除しました。

 

訂正情報は次のURLからダウンロードできますので、ご参照ください。

https://fs-kentei.jp/textbook/#teisei