パート10では、放射性物質と異物混入について解説します。

動画URL:https://youtu.be/fXc1zEdUM0I

実力診断テスト

動画で要点を学習したあとは、実力診断テストで重要ポイントを復習しましょう。
正しいものには〇、誤っているものには×をつけてみよう!

1 食品中の放射性物質の基準値は、食品 1kg における放射線を放出する能力、シーベルトによって判断される。
2 加工食品は、食品を構成する個々の原材料が基準値を満たしていればよい。
3 食品中の異物は、種類を問わず排除されるべきであり、事業者は異物混入のあった食品を回収することが法律で義務付けられている。
4 指輪、筆記具などの携帯物品や、異物になりやすいクリップ、ホッチキス、カッターナイフの刃などは調理場内では紛失しないように注意する。
5 ねじ、ボルトなど作業機械からの部品離脱などによる混入を予防するには、製造機械・器具類の保守点検、金属探知機の活用などを行う。