どんなふうに勉強すればよいでしょうか?

関連資料のページより、初級・中級の模擬試験問題(各20問)をダウンロードできます。過去に出題した問題をベースに一部、修正したものですので、先ずは問題のイメージを掴んでください。


» 関連資料のページはこちら

初級検定

初級検定は、食の安全に関する基礎知識を幅広く理解していただくことが狙いです。大きく分けて2つの視点があります。ひとつは祖先から受け継いできた知恵や技術(食中毒起因微生物、寄生虫、自然毒等)を科学的視点で捉えること、もうひとつは、持続可能な食料調達という課題(食品添加物、農薬等)に対して科学的視点で捉えることです。
これら2つの視点から食の安全を読み解いていただくことが狙いです。

中級検定

検定試験の狙いは、食の安全に対するリスクを幅広く理解し、食品安全に対する感覚を磨いていただくことです。先ずはテキスト全体を読んで、それぞれの“ポイント”を押さえましょう。
特に発生頻度の高い要因、危険性の高い要因、最近の注目されている要因についてはチェックをしましょう。また、これらに対しては大まかな予防方法もチェックしておきましょう。
危険性の高い食中毒起因微生物の数はそれほど多くありません。汚染経路、原因食品、症状、予防対策の特徴や違いを横断的に比較、整理することでどのような対策が有効か、考える力が身に付くはずです。